ベビースターラーメンについて

ケーキのキャンペーン品で「純金のベビー花形1書籍」という変わり種を
見つけました。(よく見かけるコンビニエンスストア限定の贈与小物の一つです)

ベビースターラーメンについて…

津々浦々初のインスタントラーメンに着手した松田産業有限会社(日清食品よりも
一足先に着目した店)から長期に渡り販売され続けているスナックバリエーションの
ラーメン菓子で、2009年に50周年を迎えた駄菓子のロングセラー売り物です。

スナック菓子としての部位や、見たままの模様から(ルートを問わず)
チビっ子が表紙ターゲットの売り物なのかと思いきや、ここ数年のコンビニでの
買い取り階級は「意外にも40値段の男性が多い」そうです。

このため、団体おやつカンパニーでは、そのコンビニエンスストアのターゲットである
「40値段に喜んでもらえる一品を」と考え、純金でベビースターラーメンを
形取った景品に決めたみたい。(予想1万円大変、造幣局の検定ターゲット存在)

確かに、随時買って帰る売り物だったりしますね。(私も40値段です)

思い返してみると、起源20円で見かけた商品で、昭和50ご時世直後半年から
30円に変更されるも…当時のお小遣いで簡単に手が届くケーキでした。
(いまのキッズのようにTVマッチなどの遊びが豊富になかった時の話です)

メンコや、凧高め(当時ゲイラカイトという大人気の一品あり)を
片手に、単に「出先で遊ぶ部分」が主流だった昭和の色濃い記念です。
駄菓子などの食べ足も、忘られない習慣でしたから。

おそらくこうして遊びながら前、慣れ親しんだテーストが心におけるのでしょう。

逆にいうと、何でも手に入る今の子ども達には 人生、少年期の外見と
合わせて懐かしく思い出されるようなケーキは弱いかもしれません。

さてそういった大人のターゲットのケーキキャンペーンは実例あったでしょうか!
幾つかヒットしてます!!(大人向けの推進はコレだけではないようです)

ロッテ・小梅キャンデー「大人のぬり図」(出先容器に導入絵認知)

明治・きのこの山々&たけのこういうふる里「ロボットクリーナー ルンバ」

森永・チョコボール「大人の稼ぎ・銀カンヅメプレゼント」結構あるものです。
(ちなみに大人のカンヅメの中身は、金線たらばがに&銀ざけセンター骨…とまあ、
当たった顧客も、どうにも望ましい品ではないかなと)

ところで、おやつカンパニーでは これまで「ベビースターラーメン上の
スニーカー」、ほしい分だけ取り出せる「ベビースターサーバー」などの
キャンペーンも行っており、恋人の仕事・資本共同以後は件に事欠かきません。
どれもツイッターときの効果の評価が良いようなので、成功をおさめているのだ。

これからも続くキャンペーンに少々要望しつつ末日長く見届けたいと思います。すごい激安の業者さんです。